芝生の手入れの記事一覧

芝生の手入れの基本は芝刈り、水やり、除草の3つ。

芝生は、日当たりや排水などの環境の他に普段の手入れがとても重要です。芝生の手入れはそれほど難しくはありません。DIYで十分楽しめる芝生は、素人でも出来る簡単な手入れで十分可能です。ただし芝生の手入れをさぼるとすぐに雑草が伸びてきたり、芝生がはげたりしてきますのでコツコツと続ける必要があります。

芝生の手入れの基本は芝刈り、水やり、除草の3つです。この3つをしっかりすると、鮮やかなグリーン絨毯の芝生の庭が出来上がります。芝生の手入れの頻度や方法などは、芝生が生えている環境、芝生の生育時期によって異なりますので、状況・気候などにあわせて手入れをするようにしましょう。さらに病気や害虫についての知識も、芝生にトラブルが起こった時にも必要になります。

新着記事ピックアップ

0102
芝生の手入れ

芝生の水やり – 最も基本的な手入れが芝生の水やりです。

芝生の手入れで最も基本的な水やり 芝生の手入れで最も基本的な手入れが芝生の水やりです。芝生は水が不足すると葉の緑色が無くなり、やがて枯れていきます。 他の植物と同じような頻度で水やりを行い芝生を乾燥させないようにしてください。ただし水のやり過ぎは芝生には良くありません。 水やりの頻度 - 春は3~4日に一回、夏...

続きを読む
0103
芝生の手入れ

芝生の目土入れ – 芝生の発芽を促進し、密度の高い葉を形成しよう。

芝生の萌芽を促進し、密度の高い葉を形成します。 芝生を元気にする芝生の手入れのひとつに「目土入れ」があります。目土入れは、芝生の上から3〜6ミリの厚さに薄く土をかける作業のことをいいます。 目土入れは芝生の発芽を促進し、密度の高い葉を形成するなど、芝生に対してさまざまなメリットがあります。また生長の悪い場所の凹凸を修正することで芝...

続きを読む
0104
芝生の手入れ

芝生の除草 – 美しい緑色の芝生には除草作業が必要不可欠です。

美しい緑色の芝生には除草作業が必要不可欠です。 芝刈り同様に重要な芝生の手入れが雑草対策です。雑草は芝生に比べ生育が早く、放置しておくとすごい勢いで増殖するので、雑草を見つけたらすぐに根元から完全に取り除く必要があります。また雑草が生えた芝庭はあまりきれいではありません。 とくに雑草は土の栄養を奪い、日陰を作り、病害虫の原因にもな...

続きを読む
0105
芝生の手入れ

サッチング – 美しい芝生を維持するために、芝生の葉や根を取り除く。

芝刈り時の刈りかすや、枯れて腐った葉や茎がサッチ。 サッチとは芝生の葉や根が、枯れて腐った様な状態で層を成したもののことです。また芝刈り時に残った刈りかすもサッチになります。このサッチを取り除くことをサッチングといいます。 サッチがたまると芝生の病害虫発生の原因になりやすく、芝生には良くないので、美しい芝生を維持するために定期的に...

続きを読む

芝生の手入れと育て方|芝生ガーデニング
月別アーカイブ 
キーワードで検索 
おすすめ 人気記事 水やり 肥料 芝刈り

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。