芝生の育て方の記事一覧

芝生の育て方のポイントは肥料と病害虫対策です。

芝生は本来丈夫な植物ですが、よりいっそう元気に芝生を育てるためには、定期的な施肥が必要です。また、サッチングやエアレーションなどで、芝生を活性化することで、より一層元気な芝生を育てることが出来ます。また日頃、芝生の手入れを十分していても、病気や害虫など思わぬことで芝生がだめになってしまうことがあります。芝生の肥料や病害虫対策には、きっちりとした知識を知っておくといざという時に役立ちます。

新着記事ピックアップ

0201
芝生の育て方

芝焼き – 芝生にいる病害虫の駆除や雑草の種子の駆除を行います。

雑草の種子の除去や病害虫駆除に効果的。 芝焼きとは、その名の通り芝生を焼いてしまうことです。芝生を焼くことにより、芝生にいる病害虫の駆除や雑草の種子の駆除ができます。 もちろん火を使うので、密集した住宅地では非常に危険なのでお薦めできません(とういか絶対にしないでください)。住宅事情が許される方でも、火を使う作業は非常に危険なので...

続きを読む
0202
芝生の育て方

エアレーション – 通気性を良くし、芝生の成長を促進します。

芝生に穴を開けて土に空気を入れる エアレーションとは芝生に穴を開けることです。芝生は一度植えると耕すことが出来ないので、土が固まってしまうと通気性が悪くなります。土が固まった状態では通気性が悪く、また水分が地上に留まってしまうために芝生の成長に良くありません。 通気性を良くするためにエアレーションをして土に通気性と水分を与えること...

続きを読む
0204
芝生の育て方

芝生の肥料 – 料の種類や成分をよく理解し定期的な施肥を心がける。

基本は、芝生の生育時期に施肥をする。 芝生は、土の中の栄養分を根から吸収して成長します。自然に生えている野芝などは、天然の栄養分を摂取して成長しますが、庭に植えた芝生では、天然の栄養分が摂取しにくいため、定期的な施肥が必要です。またより美しい緑の芝生の絨毯を作るためにも、芝生の肥料(施肥)は欠かせない手入れです。芝生の肥料やり(施肥)の時期や...

続きを読む
0203
芝生の育て方

芝生の病害虫対策 – 芝生の異常の原因は、病気か害虫がほとんど。

芝生の異常は、病気か害虫が原因。 まず、病害虫にたいする一番の予防は、病害虫の発生しにくい環境を作ることです。水はけ、日当たりなどを考慮した場所に芝生を植えることが大切です。芝生が元気に育つことで病害虫を寄せ付けなくなり、病害虫の発生を防ぎます。 芝生の手入れを十分していても、芝生が枯れる、枯れたように色が変わる、などの異常が発生...

続きを読む

芝生の手入れと育て方|芝生ガーデニング
月別アーカイブ 
キーワードで検索 
おすすめ 人気記事 水やり 肥料 芝刈り

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。